洗い張り

着物の洗い張りしみや汚れなどがひどい場合や体型に合わなくなり「仕立て直し」をする際に、着物をばらばらに解いて洗うこと。
丸洗いとは違い、洗い張りは「水」で洗います。水につけることで、張り詰めた絹糸が緩みます。緩んだ生地に、また元のように張りをいれ乾かします。
張りの入った生地は、再度お仕立てをして、ほぼ新品の状態に仕上がります。洗い張りをすることによって、糸穴や生地の縮みをなくし、生地に張りが出ることから、着物をよみがえらせることが可能です。

  
呉服整理・しみぬき・洗い張りは杉本家へおまかせください。